ライトは明るいに越したことはない CATEYE HL-EL140

自転車のライトは明るいに越したことはない!

そう私は思ってます。

今はどんどん進化しています。

LEDもなくは当たり前、USB充電式もあってかなりコンパクトになりました。

通勤には使わない、乗るのは休みの日ぐらいです。

充電し忘れそうな私は電池タイプのものを選びました。

CATEYE HL-EL140

超定番ですね。
自転車のアイテムならCATEYEと言うくらい、子供の頃からお世話になっております。

中身はこんな感じ

使用時間は30時間!点滅なら200時間!

長持ちですね~

中高生の頃、あのころでは最新のごっついハロゲンランプを付けていました。

単一電池2本でそんなに時間も持たなかったな〜なんて思い出しました。

どんどん進化してステーの止め方も簡単です。

バンドをくるっとハンドルに巻いてバンドと本体をとめるだけ。

まだ夜に走ってないので光軸調整したらバンドのあまりはカットします。

ここ最近気になるのがライトを水平にセットしている人がいます。
光量の少ないものならいいのですが、強いと眩しいんですよね。
見た目は水平の方がカッコいいかもしれません。
しかし迷惑がかかることもあるのです。
ちゃんと地面に向けて設置しましょう。
その方が暗い道でも安全に走れますよ!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする