ハン・ソロ・スターウォーズ・ストーリーを観てきました。

ハン・ソロ・スターウォーズ・ストーリーを観てきました。
はっきり言ってこれは面白い!!

ハン・ソロもランド・ガルリジアもイメージ通り。
スターウォーズファンが作ったスターウォーズです。
ローグワンの時も思ったけど、スターウォーズ愛を感じる素晴らしい作品だと思います!

子供の頃から観てきたスターウォーズ。
大好きなスターウォーズ。
でもね、エピソード7、8を観てね。。。
たぶん人によって感想は違うと思うし、考え方や嗜好はみんな違うわけだから、合う合わないがあるとは思いますが。。。
私としてはスターウォーズとして、というよりも映画としてどうかな?って思いました。

もうスターウォーズは終わっているんだ。。。
ディズニーでは無理なんだ。
トラウマをかかえたように、そう思っていました。
我が家ではスターウォーズの話は避けられ、
話が出るとなんでああなってしまった。。。という話題に。。。

しかし、映画好きの知人たちの話を聞くとハン・ソロの評価が高いのです。
観に行った人から「スターウォーズだった。」「面白かった!」「いい娯楽映画だ!」といい評価です。
これはローグワンの時と同じかと思い、重い腰を上げて観に行きました。

観て思いました、ハン・ソロは面白い!
本当にスターウォーズてす!

ヒューマンだけでなく様々な異星人が当たり前のようにいて、
工場のような工業的な場所から広大な景色の広がる場面、
スラムのような場所やセレブリティな場面。
あたかも人格があるようなトロイド。
星から星へ移動し、異星人たちと当たり前のように交流している。
スターウォーズの大好きな世界観がそこにあります。

スターウォーズの中で語られた気になるエピソードが出てきます。
ハン・ソロが自慢するケッセル・ランを12パーセクで飛んだ話。
チューバッカやランド・ガルリジアとの出会い。
帝国の脅威と反乱軍への希望。

そして、映画の中で語られない気になるエピソードが出てきます。
こういったエピソードを「ああなるのかな?」「こうだったのかな?」と考えてしまうのが楽しいのです。
『これがまさにスターウォーズ』だと思います。

もちろん、続編映画として必要不可欠な前作品をモチーフとしたセリフや動きには思わず「ニヤリと」笑ってしまいます。
そう、お約束もしっかり(笑)
アメリカではハン・ソロが叩かれ、逆にエピソード8の評価が高いと聞きます。
なんででしょうね(笑)と思えます。

いい映画でした。
抱えてしまったスターウォーズのトラウマを吹き飛ばしてくれました。
ありがとう!そう言いたい感じです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする